CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
まちに森をつくって住む
まちに森をつくって住む (JUGEMレビュー »)
甲斐 徹郎, チームネット
「百の知恵双書」第8巻
住まいをつくる誰もが豊かな環境を得たいと思う。しかし、住まいをつくることによって、逆に地域の自然環境を破壊しているとしたら、それはなんという矛盾だろう。
これからのすまいづくりにおいて最も得な方法は何か。
それは地域の緑の価値を見直し、それを快適な「天然の空調装置」として住まいに活かすことである。
本書はこうした視点に立ち、個人の住まいづくりと街の環境づくりをつなげるビジョンと実践例を示し、本当の快適さを体感するための「エコロジー住宅市民学校」を誌上開講する。
RECOMMEND
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本 (JUGEMレビュー »)
伊藤 雅春, 大久手計画工房
「百の知恵双書」第5巻
まちづくりのファシリテーターとして全国を飛び回っている友人の伊藤雅春さんとその仲間に書いてもらいました。「参加するまちづくり」とは、まちのビジョンをそこで暮らす住民が共有し、地域のことは地域で決めるという自由で開かれたまちづくりのことです。コミュニケーション術を通して地域の人たちが地域の意志をつくり出していく方法と事例が満載です。
RECOMMEND
時が刻むかたち―樹木から集落まで
時が刻むかたち―樹木から集落まで (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第4巻
OMソーラーの開発者として知られる建築家奥村昭雄の世界を「大きなデザイン」というコンセプトで3巻の本でまとめることを構想していますが、その第1巻です。環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しいものですが、こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのでしょうか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌です。
RECOMMEND
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第7巻
奥村昭雄は家具の製作者でもありますが、自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために無垢材による家具作りという困難な方法にこだわります。本書では奥村が40年にわたり続けてきた家具づくりの研鑽のすべてを明らかにしています。第4巻と併読すると、奥村が樹という自然をどのように見ているかがわかります。
RECOMMEND
洋裁の時代―日本人の衣服革命
洋裁の時代―日本人の衣服革命 (JUGEMレビュー »)
小泉 和子
「百の知恵双書」第6巻
昭和20年代の暮らしを経験している人の中には家庭でミシンを踏んでいた母親の姿を記憶している人は多いでしょう。その時代にまさに日本人の洋装革命が静かに行われたのです。昭和のくらし博物館の小泉和子さんのグループはこの歴史に埋もれがちの「洋裁の時代」を丹念に検証し、この時代に女性たちがどのようにして洋服を自分のものにしていったかを明らかにしました。本が出ると、朝日新聞、毎日新聞が大きく書評欄で取り上げてくれましたが、改めて昭和の暮らしを検証することの関心の深さを感じました。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ABC営業停止
青山ブックセンターが営業を停止した。とても残念である。
しばらく前に取次が本を流していないようだ、危ないといううわさを耳にしていた。
23日に青山ブックセンター再建のために署名を呼びかけるメールが飛び込んできた。
本屋の書棚を徘徊する楽しみは本を買う楽しみとはまた別のものがある。
しかしそうした楽しみを得ることのできる本屋は昨今まれになった。
青山ブックセンターは本屋としての編集力のある、そうした書店であった。
| ETC | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジュゲム浮上か?
JUGEMから週末に次のようなメールが入っていた。


……現在サーバのチューニングとデータベースの整合性、
及びネットワーク環境の改善を課題として復旧作業を進めておりますが、
7月26日月曜日正午までに状況の改善がなされない場合、
ベータテスト版から移行されたユーザー様のサイトを移行前の状態に
戻させていただきます。……
今後も総力を挙げて復旧作業に努め、一刻も早く、正常に
ご利用いただける環境にすることが責務と考えております。
弊社の度重なる不手際により多大なるご迷惑、ご心配を
お掛けいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。


月曜9時半の時点では、正常に動いている。このまま回復すればkomachi別宅を
つくらなくてもいいのだが。JUGEMのお詫びはもう見飽きた。
| ETC | 09:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
JUGEM沈没、まぬがれた?
14日にめでたくJUGEMがベータテスト版から正式版に移行するという
JUGEMからのメールを見て、気楽に考えていたが、
正式版への移行って、こんなにもたつくものなのか。
自分の管理者頁が開けるようになったのが昨日の午後。
BLOGをプレビューすると、なぜかおぼえのないテンプレートになっている。
「ユーザー助け合い掲示板」を覗くと、脱兎のごとく他のBLOGサービスへ移行したユーザーの声多数。
投稿しても投稿データが反映されないし、データが消えてしまった人もいるようだ。
ベータ版のJUGEMが気に入っていたので、ドタバタ劇の静観を決め込んでいたが、
沈没は本当にまぬがれたのかな。
| ETC | 09:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
クロネコよ、しっかりしろ!
9日夜遅く、事務所に戻るとクロネコヤマトの不在連絡表が2通。
中味はイラスト原画多数。
翌日、クロネコに電話すると、いま探しているので折り返し電話するという。
予定していた週末の仕事ができない。少し不安になってきた。
夜、泣きの電話が入った。「事務所中を捜しているのですが……」
「おい、おい、おい! とにかく探し出せ!」
12時頃になって、「ありました!アルバイトの地図に挟まっていました!」
鎌倉に移って、宅急便は仕事の生命線である。
デザイナーや印刷所とのやりとりは宅急便に頼ってきた。
クロネコよ、しっかりしろ!
| ETC | 19:05 | comments(3) | trackbacks(0) |
ニーハオ征さん
大行征さんのBLOG「東アジアは停看聴」を見つけた。
東アジア世紀末研究会。なつかしいなあ。
思わず、昔の旅行記などを取り出してしまいましたよ。
| ETC | 09:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
古本屋のはじめかた
打ち合わせの帰り道、浅生ハルミンさんとうどんを食べながら
古本屋の雑談に花を咲かせる。
ハルミンさんは旅行先も古本屋があるかないかで決めるらしい。
「本とコンピュータ」最新号「古本屋のはじめかた」に
ハルミンさんのイラストとレポートが載った。
| ETC | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
地球のたまごが産卵
OMソーラー協会の新社屋「地球のたまご」が完成し、昨日、内外関係者800人に
お披露目をした。あまりに人が多いので、一泊して今日ゆっくり見てきた。
埋め立てられていた養鰻池を再生したビオトープ、1万坪の敷地に建つパッシブ技術の詰まった社屋。これからの「居住」実験が楽しみである。
| ETC | 16:28 | comments(0) | trackbacks(2) |
エドワード・レビンソン写真展
友人のエドワード・レビンソンさんの写真展が開かれる。
今回は手焼きのモノクローム作品を中心に約65点を展示。
併せてピンホールカメラのワークショップやギャラリートークが開かれる。

エドワード・レビンソン写真展
7月5日から24日 11:00amー6:30pm(日曜休み)
・場所 ごらくギャラリー(中央区銀座8−6−9 電話03−3571−3706)
・ギャラリートーク 7月10日 3:00pmより
・ワークショップ 
 7月17日 10:00amより「ピンホールカメラで銀座の街を撮ろう」(参加費2000円)
 7月19日 1:00pmより「エマルジョントランスファーワークショップ」(参加費4000円)
| ETC | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
JUGEM 発見
友人の秋山東一さんに何度となく、「BLOGはいいよ」と言われてきた。BLOG関係をネットサーフィンしているとJUGEMに出くわした。ちょっとやってみるか。
| ETC | 09:45 | comments(2) | trackbacks(1) |
<< | 2/2PAGES |