CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
まちに森をつくって住む
まちに森をつくって住む (JUGEMレビュー »)
甲斐 徹郎, チームネット
「百の知恵双書」第8巻
住まいをつくる誰もが豊かな環境を得たいと思う。しかし、住まいをつくることによって、逆に地域の自然環境を破壊しているとしたら、それはなんという矛盾だろう。
これからのすまいづくりにおいて最も得な方法は何か。
それは地域の緑の価値を見直し、それを快適な「天然の空調装置」として住まいに活かすことである。
本書はこうした視点に立ち、個人の住まいづくりと街の環境づくりをつなげるビジョンと実践例を示し、本当の快適さを体感するための「エコロジー住宅市民学校」を誌上開講する。
RECOMMEND
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本 (JUGEMレビュー »)
伊藤 雅春, 大久手計画工房
「百の知恵双書」第5巻
まちづくりのファシリテーターとして全国を飛び回っている友人の伊藤雅春さんとその仲間に書いてもらいました。「参加するまちづくり」とは、まちのビジョンをそこで暮らす住民が共有し、地域のことは地域で決めるという自由で開かれたまちづくりのことです。コミュニケーション術を通して地域の人たちが地域の意志をつくり出していく方法と事例が満載です。
RECOMMEND
時が刻むかたち―樹木から集落まで
時が刻むかたち―樹木から集落まで (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第4巻
OMソーラーの開発者として知られる建築家奥村昭雄の世界を「大きなデザイン」というコンセプトで3巻の本でまとめることを構想していますが、その第1巻です。環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しいものですが、こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのでしょうか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌です。
RECOMMEND
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第7巻
奥村昭雄は家具の製作者でもありますが、自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために無垢材による家具作りという困難な方法にこだわります。本書では奥村が40年にわたり続けてきた家具づくりの研鑽のすべてを明らかにしています。第4巻と併読すると、奥村が樹という自然をどのように見ているかがわかります。
RECOMMEND
洋裁の時代―日本人の衣服革命
洋裁の時代―日本人の衣服革命 (JUGEMレビュー »)
小泉 和子
「百の知恵双書」第6巻
昭和20年代の暮らしを経験している人の中には家庭でミシンを踏んでいた母親の姿を記憶している人は多いでしょう。その時代にまさに日本人の洋装革命が静かに行われたのです。昭和のくらし博物館の小泉和子さんのグループはこの歴史に埋もれがちの「洋裁の時代」を丹念に検証し、この時代に女性たちがどのようにして洋服を自分のものにしていったかを明らかにしました。本が出ると、朝日新聞、毎日新聞が大きく書評欄で取り上げてくれましたが、改めて昭和の暮らしを検証することの関心の深さを感じました。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ミサゴに会えた雨の探鳥会


9月5日(日)小雨。12時から4時まで元さん(長男)と二人で探鳥会。家の近くの下山川を見る。アオサギ、コサギ、ゴイサギ、カワセミ、イソシギ、カルガモ、ハシブトガラス、ハクセキレイ。アオサギの幼鳥が翼を怪我していた。バスで長柄まで移動し、森戸川沿いに大山林道へ。途中で雨が強くなるが強行。カワセミ、ハクセキレイ、コサギ、カルガモ。大山林道の中はうす暗く、鳥のさえずりさえ聞こえない。イワツバメ、カワラヒワ、ウグイス、ハクセイレイ。双子山登り口で引き返す。1年で最も鳥の見にくい時期である九月上旬、それも雨交じりの午後、条件が悪すぎる。と、諦めて林道の入り口でリュックにプロミナーをしまった直後、、遠くの梢になにやら止まっている。双眼鏡を覗いた元さんが「ミサゴだ!」。日本野鳥の会神奈川支部の地区別鳥類目録には、双子山で確認されたことが掲載されているが、二人とも初めて見るミサゴ。オオスズメバチが二人の周りをブンブン飛ぶが、デジカメにおさめるまではその場を離れなかった。それにしてもひどい写真である。
| 探鳥 | 09:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
スズメのお宿


小町在住のスズメのお宿の一つとして、以前は鎌倉警察署の前の松の木があった。決まって夕方になると、スズメの大合唱が始まった。それが今年の初夏のある日、若宮通り沿いの松の木に植木屋さんが登り、いっせいにさっぱり剪定してしまったのだ。それからというものスズメたちの宿泊所は、狭い駅前の東急ストア前となった。しかしどうも居心地は悪そうだ。昨日の夕方5時30分頃、鎌倉駅の三角屋根の上で、100羽を超えるスズメたちが集会を開いていたことに気付いた人は何人いただろうか? そして、その1時間後、藤沢駅前のグリーンベルトが数百羽の椋鳥の宿泊所になっていたことを。
| 探鳥 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
鳥撮用のデジカメ2
ある場所にじっとして鳥が来るのを待ちかまえる
タイプの鳥撮なら問題ないが、移動しながらの鳥撮で
一番かさばるのは三脚。手持ちで撮影できないか、
ワルサーポイントサイトも付いているのだから
ライフルの銃床のようなものに付けたらいいのか、などと
WEBを調べていたらありました。
「プロフェッショナル・スナイパー」という商品。




でもねー。こんなのもって葉山の御用邸辺りをうろついていたら
お巡りさんに怪しまれること請け合いですね。
続きを読む >>
| 探鳥 | 10:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
ストロー風照準器
プロミナーの照準器は市販のスカイサーファー、スポットファインダーを試したが、プロミナーを持ち歩くときにどうしてもかさばる。手製のストロー風照準器のほうがかさばらないし、電池も不要で、一番使い勝手がいい。東急ハンズで見つけた5ミリ径のカーボンのチューブを切って瞬間接着剤で止めただけであるが、一発で鳥を捉えることができる。コーワ用ターボアダプターP1を装着すると照準器が見にくいで、今日、2本目を追加して付けた。

| 探鳥 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
マガモのエクリプス


カルガモの群のなかに一羽マガモのエクリプスが混じっていた。
エクリプスとは繁殖期を終えたオスの非繁殖羽のこと。
マガモのオスといえば、頭部の光沢のある緑色と白い首輪が目印だが、
8月のこの時期は地味である。それでも頭部にわずかに緑色の光沢が見える。
10月に入れば、マガモであることが確認できるはず。
(逗子・長柄、森戸川、8月8日)

| 探鳥 | 09:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
探鳥の道具
今年2月から鳥見をはじめてはや半年。探鳥の道具もまずは揃った。
私の場合は写真を撮ることが主ではなく、鳥見をして林の中を歩くことを
主としているので、装備はできるだけ軽量にしている。
ホームグランドの大山林道に半日コースで行くときは以下の装備である。
続きを読む >>
| 探鳥 | 09:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
サンコウチョウ、オオルリ巣立つ
1週間ぶりにホームグランドの大山林道で探鳥会。探鳥会といっても小学3年生の長男と二人。野鳥の会のコースと同じく長柄の交差点から森戸川沿いに歩き始める。森戸川で9羽のコサギはいっしょにゴカイやアブラハヤをついばんでいる。カルガモの中に一羽見られぬカモがいる。マガモのエクリプスか。大山林道では先週まで親鳥が餌を運んでいたサンコウチョウは巣立っていた。オオルリの幼鳥のオス、メスがいっしょにいるのを見ることができた。双子山の登山口で休んでいると、なにやら鳥が騒がしい。台湾リスを警戒しているのだ。すぐわきの枝にサンコウチョウのメスがとまってくれた。今日出会えた鳥は、コサギ、トビ、カルガモ、キジバト、ホトトギス、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、キセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、オオルリ、サンコウチョウ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシブトガラス、計21種。いつもより多少すくない。
| 探鳥 | 18:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
興和よ、「デジスコ」はもはや慣用語

「デジスコ」という言葉がbirderの間で、一般に使われている。プロミナーにデジタルカメラをつけて野鳥を鮮明に写すことができる。30倍の接眼レンズに、デジカメのズームを加えれば、90倍以上、4500ミリの超望遠レンズに匹敵する。100万円を超す超望遠レンズの性能が10万そこそこで手に入れることができ、しかも軽いということで、人気が高く、DIGISCO.COMのような充実したホームページではデジスコの技を磨くマニアが連日のごとく情報を交換している。そこに興和が無粋なことをやってくれた。興和はニコンと並ぶプロミナーの老舗である。私も興和のプロミナーを使っている。その興和が何と「デジスコ」の商標登録出願をしたというのである。言葉を独占し利益を得たいのか。興和よ、「デジスコ」はもはや慣用語である。
| 探鳥 | 11:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
ついに出会えた鳥
五月の探鳥会では会うことのできなかった
サンコウチョウについに会うことができた。
杉の梢につくった植木鉢のような形の巣。
つがいが交代で抱卵している。
脅かさないように早々に退散した。
| 探鳥 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
サギの成る樹
散歩コースの鶴岡八幡宮にサギの成る樹がある。ゴイサギとコサギのコロニー。親鳥は巣材や餌運びに忙しい。雛は親と同じほどの大きさに育った。もうカラスに襲われることもないだろう。
先週、下山川でキアシシギを見た。ホトトギスの声を昨日、家の者は聴いたというが僕はまだ聴いていない。もう6月である。
| 探鳥 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>