CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
まちに森をつくって住む
まちに森をつくって住む (JUGEMレビュー »)
甲斐 徹郎, チームネット
「百の知恵双書」第8巻
住まいをつくる誰もが豊かな環境を得たいと思う。しかし、住まいをつくることによって、逆に地域の自然環境を破壊しているとしたら、それはなんという矛盾だろう。
これからのすまいづくりにおいて最も得な方法は何か。
それは地域の緑の価値を見直し、それを快適な「天然の空調装置」として住まいに活かすことである。
本書はこうした視点に立ち、個人の住まいづくりと街の環境づくりをつなげるビジョンと実践例を示し、本当の快適さを体感するための「エコロジー住宅市民学校」を誌上開講する。
RECOMMEND
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本 (JUGEMレビュー »)
伊藤 雅春, 大久手計画工房
「百の知恵双書」第5巻
まちづくりのファシリテーターとして全国を飛び回っている友人の伊藤雅春さんとその仲間に書いてもらいました。「参加するまちづくり」とは、まちのビジョンをそこで暮らす住民が共有し、地域のことは地域で決めるという自由で開かれたまちづくりのことです。コミュニケーション術を通して地域の人たちが地域の意志をつくり出していく方法と事例が満載です。
RECOMMEND
時が刻むかたち―樹木から集落まで
時が刻むかたち―樹木から集落まで (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第4巻
OMソーラーの開発者として知られる建築家奥村昭雄の世界を「大きなデザイン」というコンセプトで3巻の本でまとめることを構想していますが、その第1巻です。環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しいものですが、こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのでしょうか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌です。
RECOMMEND
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第7巻
奥村昭雄は家具の製作者でもありますが、自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために無垢材による家具作りという困難な方法にこだわります。本書では奥村が40年にわたり続けてきた家具づくりの研鑽のすべてを明らかにしています。第4巻と併読すると、奥村が樹という自然をどのように見ているかがわかります。
RECOMMEND
洋裁の時代―日本人の衣服革命
洋裁の時代―日本人の衣服革命 (JUGEMレビュー »)
小泉 和子
「百の知恵双書」第6巻
昭和20年代の暮らしを経験している人の中には家庭でミシンを踏んでいた母親の姿を記憶している人は多いでしょう。その時代にまさに日本人の洋装革命が静かに行われたのです。昭和のくらし博物館の小泉和子さんのグループはこの歴史に埋もれがちの「洋裁の時代」を丹念に検証し、この時代に女性たちがどのようにして洋服を自分のものにしていったかを明らかにしました。本が出ると、朝日新聞、毎日新聞が大きく書評欄で取り上げてくれましたが、改めて昭和の暮らしを検証することの関心の深さを感じました。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
逗子駅の跨線橋


いつも通勤に使っている逗子駅にはとてもすてきな跨線橋がある。古レールを使ったスケルトンとクラディングの見本のような美しい架構である。横須賀線が大船と横須賀の間に開通したのは明治22年。それまで船に頼っていた横須賀の鎮守府への物資運搬のためである。鎌倉駅と逗子駅がその時、最初にできた。この跨線橋もそのときのものだろうか。逗子駅にはもう一つ鎌倉側にも跨線橋がかかっているが、僕が渡るのはいつも決まって古レールの跨線橋のほうである。跨線橋の下には写真のような鋳鉄の柱も残っている。


古レールの刻印を探してみたが、塩害防止のためか、年代ゆえか、厚く塗られたペンキでなかなか判別できない。1番線の柱に使われている古レールにかろうじて、「UNION」の文字が見える。ウニオンはドイツのメーカーで、イギリスが独占していた輸入レールの世界で、日本で最初の非イギリス製の輸入レールだという。下の写真のようにきれいに曲げられるのは、レールが柔らかかったからだろう。だから摩耗も早く、レールとしての寿命も短かったのだろう。
| まちの拾い物 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
シュールな植木鉢


商店街の路地を歩いていると、一瞬ドキッとした。
首が落ちている。見ると美容院の前。
美容師の練習用のカツラを植木鉢にしている。
植木を髪の毛に見立てたのだろうか。
| まちの拾い物 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
犬のように歩け
BLOG<東アジアは「停看聴」>に刺激されて、
思わず取り出した「上海雑報」は86年、
すでに20年が経っている。
ぼくは当時見た映画「ブラジル」との連想から、
こんなことを書いていた。
「都市のなかにはぐれること。都市のなかにはぐれて白痴になること。
まさにそれが都市体験なんだ。
子供の頃、かくれんぼをしていると、僕だけ行方不明になることがあった。
隠れている間に、見つけた昆虫や上級生の遊びに気をとられて、
いつしか今やっている遊びをまったく忘れてしまうのだった。
そうだ。遊びに筋を追うことはない。上海では犬のように
歩けばいいと思うのだ。」
そういえば、行ったメンバーの誰もが犬のように歩いた。
またそんな旅行ができるだろうか。
| まちの拾い物 | 16:34 | comments(3) | trackbacks(1) |
関東地方は入梅
関東地方は入梅。雨の止んだ夕方、家の近くを散歩しているとブロック塀にたくさんのカタツムリが付いている。石灰質の殻を成長させるために、陸貝のカタツムリは雨の日にブロック塀を舐めに来るのだ。中に一匹とがった巻き貝を持ったやつがいる。調べるとキセルモドキという名前。なかなか味のある名前である。
| まちの拾い物 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |