CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
まちに森をつくって住む
まちに森をつくって住む (JUGEMレビュー »)
甲斐 徹郎, チームネット
「百の知恵双書」第8巻
住まいをつくる誰もが豊かな環境を得たいと思う。しかし、住まいをつくることによって、逆に地域の自然環境を破壊しているとしたら、それはなんという矛盾だろう。
これからのすまいづくりにおいて最も得な方法は何か。
それは地域の緑の価値を見直し、それを快適な「天然の空調装置」として住まいに活かすことである。
本書はこうした視点に立ち、個人の住まいづくりと街の環境づくりをつなげるビジョンと実践例を示し、本当の快適さを体感するための「エコロジー住宅市民学校」を誌上開講する。
RECOMMEND
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本 (JUGEMレビュー »)
伊藤 雅春, 大久手計画工房
「百の知恵双書」第5巻
まちづくりのファシリテーターとして全国を飛び回っている友人の伊藤雅春さんとその仲間に書いてもらいました。「参加するまちづくり」とは、まちのビジョンをそこで暮らす住民が共有し、地域のことは地域で決めるという自由で開かれたまちづくりのことです。コミュニケーション術を通して地域の人たちが地域の意志をつくり出していく方法と事例が満載です。
RECOMMEND
時が刻むかたち―樹木から集落まで
時が刻むかたち―樹木から集落まで (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第4巻
OMソーラーの開発者として知られる建築家奥村昭雄の世界を「大きなデザイン」というコンセプトで3巻の本でまとめることを構想していますが、その第1巻です。環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しいものですが、こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのでしょうか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌です。
RECOMMEND
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第7巻
奥村昭雄は家具の製作者でもありますが、自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために無垢材による家具作りという困難な方法にこだわります。本書では奥村が40年にわたり続けてきた家具づくりの研鑽のすべてを明らかにしています。第4巻と併読すると、奥村が樹という自然をどのように見ているかがわかります。
RECOMMEND
洋裁の時代―日本人の衣服革命
洋裁の時代―日本人の衣服革命 (JUGEMレビュー »)
小泉 和子
「百の知恵双書」第6巻
昭和20年代の暮らしを経験している人の中には家庭でミシンを踏んでいた母親の姿を記憶している人は多いでしょう。その時代にまさに日本人の洋装革命が静かに行われたのです。昭和のくらし博物館の小泉和子さんのグループはこの歴史に埋もれがちの「洋裁の時代」を丹念に検証し、この時代に女性たちがどのようにして洋服を自分のものにしていったかを明らかにしました。本が出ると、朝日新聞、毎日新聞が大きく書評欄で取り上げてくれましたが、改めて昭和の暮らしを検証することの関心の深さを感じました。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ノスリの救出
 1月16日のBLOGには続きがある。
 この日、青木さんの田んぼの後で、私と元さんは上の畑に行ってみた。上の畑とは、私の自宅がある場所から峰山に続くアプローチにあり、地主から土地を借りて地域の人が畑にしている場所で、とても見晴らしがいい。元さんは野鳥の羽をコレクションしていて、青木さんの田んぼで成果がなかったのでずんずん先を歩く。
 と、元さんが畑のネットの中に大きな鳥がいることに気付いた。近づくとなんとノスリである。どうしてネットの中に入ってしまったのか。ノスリはネットから出ようと何度も飛び立つが、ネットにぶつかってしまう。テグスのような細いネットは鳥には見えないようだ。あっという間にネットに絡みついてしまった。ネットを持ち上げてふると運良くノスリは外に逃れた。ネットの周りを捜すと案の定、ほとんど食べられて頭だけになった鳥の死骸がネットに絡みついていた。嘴や羽の色、大きさから判断してコジュケイのように思われる。ノスリはコジュケイを食べにきて二次災害に遭ったのだろうか。
 この話を家に帰って葉子にすると、明朝、私も見に行くと言った。葉子と元さんは次の日の早朝、双眼鏡に軍手、アーミーナイフ、ハサミを用意して出ていった。朝食を先に食べていると、興奮して二人が帰ってきた。「おとうさん、昨日よりも大変だった。ノスリがまたネットにかかっていたよ。絡まってぐったりしていた。大丈夫かな」恐らく昨日と同じノスリだろう。ナイフやハサミを持っていって正解だったという話になった。コジュケイの屍体を始末してきたと葉子は言った。この日の夕方も上の畑を見に行った二人はノスリの姿を見なかった。
 今朝はネボスケ温だけを家に残して3人でまた上の畑に行った。ネットには何もかかっていなかったが、近くにはたくさんの羽が落ちていた。家に戻ってくると、家の前をツグミが歩き、見上げると梢にアオゲラが止まっていた。
| 探鳥 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベッカムヘアー


6時に目がさめたけれど冷たい雨が降っていた。またひと眠り。
遅い朝食を食べながら庭に来る鳥を見ている。
今年、初めてホオジロが来てくれた。アオジも姿を見せた。
わがもの顔のヒヨドリが雨に濡れている。
雨があがったので、近くの青木さんの田んぼにカシラダカを見にいこう。
| 探鳥 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
段葛の提灯


仕事場の近くの若宮大路には、「段葛」と呼ばれる舗装されていない参道が八幡宮まで続いている。現在は二ノ鳥居からだが、横須賀線が開通するまでは海の近くの一ノ鳥居から続いていたという。頼朝が政子の安産を祈願して時政に造らせたものだという。暮れからはこの段葛に提灯が灯され、参賀の人のいなくなった段葛はひっそりと美しい。ところで、いつの頃からだろうか。日本中の街路樹に電飾を飾ることが流行りだしたのは。最近では街路樹だけでなく、クリスマスシーズンには住宅の玄関先まで電飾する家が目立つ。ものまねだからだろうか、騒々しく品がない。こちらのほうは僕は嫌いだ。
| 気持ちのいい場所 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
潮入ぐるっと観察会


東京港野鳥公園に家族全員で行く。ラッキーなことに「潮入ぐるっと観察会」があり、普段は保護区になっている公園の周囲を回ることができた。ただバードウォッチングには人数が多すぎた。
●天候 晴れ
●時間 10時半〜15時
●東京港野鳥公園内
●確認した鳥 アオサギ、コサギ、カワウ、イソシギ、ホシハジロ、スズガモ、マガモ、オオバン、オカヨシガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ノスリ、トビ、ハイタカ、ヒヨドリ、ツグミ、ハクセキレイ、タヒバリ、コゲラ、メジロ、イソヒヨドリ、キジバト、ホオジロ、ハシブトガラス
計26種
●備考 カンムリカイツブリは公園の外の運河で確認。
(写真上/ノスリ、下/ホシハジロ)
| 探鳥 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
台所の一万年


百の知恵双書シリーズの一冊「台所の一万年」の編集作業が佳境に入っている。
著者の山口昌伴さんは連日、鎌倉に来て夜遅くまで執筆作業。
打ち合わせ室は山口さんの書斎と化している。
口絵には台所道具一万年の系統樹を入れる予定。
この作業では全面的にTEM研究所の助けを借りて現在数百の図版を描いてもらっている。
| 百の知恵双書 | 08:43 | comments(3) | trackbacks(0) |
机の上の動物


コレクターではないが、長い間に机のまわりに動物たちが集まってくる。
ねこ、にわとり、かめ、せみ、らくだ、うま……、シーサーまでいる。
| ETC | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
残された絵


正月に国立の実家に戻ると、一冊の冊子が送られてきていた。
尾崎眞人監修『池袋モンパルナスそぞろ歩き』
池袋モンパルナスに生きた画家たちを56頁の冊子の中に丁寧に纏めている。母に聞くと父の作品の掲載許可を昨年求められたので快諾したという。父は池袋の椎名町駅近くに若い頃住んでいて、隣近所には麻生三郎や寺田政明といった友人の画家がいたという話や
長谷川利行がやってきてキャンバスが白いと何でも描いてしまうので難儀したという話を思い出した。この冊子によると、父は谷端川アトリエ群と桜ヶ丘パルテノンに居住していたことになっている。
戦前、父が描いた絵で空襲で灰燼に帰さずに残されたのはたった一枚、27歳の時(1941年)に描かれた200号の「水辺」だけである。冊子には丁寧なアトリエ村の関連年譜が付いていて、それを見るとこの年はシュールレアリズム弾圧事件があった年だということわかる。父の師だった福沢一郎とともに父も捕まっていたのだろうか。板橋区立美術館は池袋モンパルナスに暮らした画家の作品を多く収蔵している美術館として知られるが、「水辺」を収蔵してくれたこの美術館は、私にとって父の墓のような気がしている。


●尾崎眞人監修『池袋モンパルナスそぞろ歩き』
 編集・発行 池袋モンパルナスの会
 定価 1200円
| 国立の記憶 | 14:51 | comments(9) | trackbacks(0) |
正月に読む本


年末になると、本箱からはみ出した本を眺めながら本の整理を考える。
高校時代からの本で死ぬまで棄てることはないだろうと思われる本が何冊かある。
そうした本は何度か読み直した過去の思い出と共にある本だ。
三木成夫の本もそのうちにある。
「過去に向かう遠いまなざしというのがある。人間だけに見られる表情であろう」という
まえがきの乗っけから引っ張り込まれた『胎児の世界』(中公新書)の衝撃は忘れられない。たしか最初に読んだのは、長女がかみさんのおなかにいるときだった。
生物の個体発生と系統発生をこの人ほど魅力的に、しかもすばらしい図版で語った人を知らない。
正月三が日は三木成夫の『ヒトのからだーー生物史的考察』(うぶすな書院)を読み直そうと考えている。

| BOOKS | 11:15 | comments(6) | trackbacks(1) |
マクロはやっぱり手動


先日、博物館でハチの標本写真を撮る必要があって、Caplio GXを持っていった。収蔵庫で著者の大谷さんが次々に出してくるハチとその擬態者の標本を片端から撮っていくのだが、途中からピントがなかなかあってくれなくなった。マクロに強いはずのCaplioであったが、細かい毛を生やしたマルハナバチなどはAFでは難しい。撮影は出直しすることにして、タムロンのSP AF90Diを買った。師走に思わぬ出費である。新年は元さんの昆虫標本で接写の練習をすることにした。
| 道具 | 11:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
チョウゲンボウとシロハラ


先週の野鳥の会探鳥会と同じコースを元さんと歩く。今日は双子山山頂は少々お疲れで省略。
●天候 晴れ
●時間 8時〜12時
●コース 長柄交差点→長柄小→南郷中学→南郷上山公園→御霊神社
●確認した鳥 トビ、チョウゲンボウ、マガモ、コガモ、コジュケイ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ドバト
計28種
●備考 先週と同じく川久保交差点付近の畑でチョウゲンボウを確認。南郷上山公園のテニスコート近くでシロハラを確認。日曜日で公園はかなり騒がしかったが恐れるようすもなく、枯れ葉を嘴で掻き上げ、餌を探していた。先週は赤い実を付けてヒヨドリ、ツグミ、シロハラのレストランになっていたピラカンサも1週間で実を落としていた。
| 探鳥 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/15PAGES | >>