CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
まちに森をつくって住む
まちに森をつくって住む (JUGEMレビュー »)
甲斐 徹郎, チームネット
「百の知恵双書」第8巻
住まいをつくる誰もが豊かな環境を得たいと思う。しかし、住まいをつくることによって、逆に地域の自然環境を破壊しているとしたら、それはなんという矛盾だろう。
これからのすまいづくりにおいて最も得な方法は何か。
それは地域の緑の価値を見直し、それを快適な「天然の空調装置」として住まいに活かすことである。
本書はこうした視点に立ち、個人の住まいづくりと街の環境づくりをつなげるビジョンと実践例を示し、本当の快適さを体感するための「エコロジー住宅市民学校」を誌上開講する。
RECOMMEND
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本 (JUGEMレビュー »)
伊藤 雅春, 大久手計画工房
「百の知恵双書」第5巻
まちづくりのファシリテーターとして全国を飛び回っている友人の伊藤雅春さんとその仲間に書いてもらいました。「参加するまちづくり」とは、まちのビジョンをそこで暮らす住民が共有し、地域のことは地域で決めるという自由で開かれたまちづくりのことです。コミュニケーション術を通して地域の人たちが地域の意志をつくり出していく方法と事例が満載です。
RECOMMEND
時が刻むかたち―樹木から集落まで
時が刻むかたち―樹木から集落まで (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第4巻
OMソーラーの開発者として知られる建築家奥村昭雄の世界を「大きなデザイン」というコンセプトで3巻の本でまとめることを構想していますが、その第1巻です。環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しいものですが、こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのでしょうか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌です。
RECOMMEND
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第7巻
奥村昭雄は家具の製作者でもありますが、自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために無垢材による家具作りという困難な方法にこだわります。本書では奥村が40年にわたり続けてきた家具づくりの研鑽のすべてを明らかにしています。第4巻と併読すると、奥村が樹という自然をどのように見ているかがわかります。
RECOMMEND
洋裁の時代―日本人の衣服革命
洋裁の時代―日本人の衣服革命 (JUGEMレビュー »)
小泉 和子
「百の知恵双書」第6巻
昭和20年代の暮らしを経験している人の中には家庭でミシンを踏んでいた母親の姿を記憶している人は多いでしょう。その時代にまさに日本人の洋装革命が静かに行われたのです。昭和のくらし博物館の小泉和子さんのグループはこの歴史に埋もれがちの「洋裁の時代」を丹念に検証し、この時代に女性たちがどのようにして洋服を自分のものにしていったかを明らかにしました。本が出ると、朝日新聞、毎日新聞が大きく書評欄で取り上げてくれましたが、改めて昭和の暮らしを検証することの関心の深さを感じました。
MOBILE
qrcode
<< クロ | main | アナトールカフェ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ある日の鎌倉赤坂飯店


12時5分前。店の前にはすでに7、8人が並んでいる。
席の数はカウンターに5人、テーブル2つに8人。今日はツイている。
12時きっかりに店のカーテンが開き、お客はカウンターから順に埋まっていく。
すでに厨房では下ごしらえを終え、お鍋でお湯がおどっている。
客はみな、厨房から「何にしますか?」の声がかかるのを待ちながら品書きを見ている。
カウンターの客から順に「4番と餃子」「6番」「8番」と注文が入る。
「何にしますか」ついに僕の番が来た。すでに僕の今日の「美味しいもの」は決まっている。
「7バン!」パイコーメン。
鎌倉赤坂飯店には3つの不文律がある。
その1 客は聞かれるまで注文しない。
その2 14番目以降の客は外で待つ。
その3 子どもは連れてこない。
一見の客のなかには、愛想のない店だ、頼んでも返事もしないという人がいる。
でも違うんだな。試しに閉店近くの2時過ぎにいけばわかる。
決して愛想が悪いわけではない。忙しい時間帯に手抜きをしたくないからだ。

| 美味しいもの | 15:10 | comments(10) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 15:10 | - | - |
コメント
この、排骨湯麺は美味そうですね。
昔、読んだ大江健三郎の小説(「個人的な体験」くらいの時代の作品)で主人公が排骨湯麺を食べる場面が何度も出てくる作品があった。排骨湯麺を何と読むのかを知らなかったし、むろん食したこともなく、どんなものかも想像できなかった。ある時、兄の買ったばかりのホンダN360で横浜までドライブに出掛けた。中華街も外れの店でメニューにあった排骨湯麺の文字、探し物を見つけたような気持ちで迷わず注文した。
その後、排骨湯麺が大好物にならなかったことを見ると、どうやら店の選択を誤ったようである。
| iGa | 2004/09/17 11:45 PM |
渋谷辺りで先にたくさん揚げてしまっている店があるけれど、赤坂飯店は注文してから揚げてくれます。「どれがおいしい?」なんて、連れに訊いているいる客がいるけれど、「馬鹿だなあこいつ」といつも思います。どれもうまいんだよ。鎌倉においでの時はぜひ。案内しますよ。
| komachi | 2004/09/18 11:48 AM |
鎌倉市役所近くのおそば屋で、紙に鉛筆で「たぬきそば 一」なんて書いて、伝票差しというのか、そんな器具に差して注文するところがありました。
鎌倉ってそんな風に変ったシステムのお店が多いんでしょうか。
| AKi | 2004/09/20 9:01 AM |
あった!あった!赤坂飯店!
鎌倉生まれ鎌倉育ちそして在住です。
こんなにおいしいのに、
『〜鎌倉うまいもの特集』(TV・雑誌等)には
絶対でてこない。鎌倉人の秘密がばれたような・・・。
 声が掛けられるまでがまん、そして〜番。
私も子供の手が離れるまでずぅーと行くの
がまんしてたっけ。数年ぶりに食べた五目そば
おいしかったな!
| junko | 2004/09/20 1:02 PM |
こんにちは、yunkoさん。今日は敬老の日。頑固な栗山さんが元気で、これからも赤坂飯店を続けてくれることをファンの一人として祈っている私です。
| komachi | 2004/09/20 8:22 PM |
ラーメンネタは盛り上がりますね。
鎌倉に行ったときは是非、チェックさせていただきます。
おいしそうです。

今一番、気に入っているラーメンは、
久米川、恩田町の「味六」というお店でです。

そこの中華麺ですが毎日食べたい・・・。
とてもあっさりしているのですが夢にでます。

目白にいて、池袋の激戦区もある程度知った上での「味六」です。
今度、ブログにアップしようと思います。
| 伊礼智 | 2004/09/22 7:37 PM |
あまり宣伝したくはなかったのですが。鎌倉に来たときにはぜひ。
| komachi | 2004/09/23 9:53 AM |
息子が跡を継がないので、
おやっさんは店を閉めるそうです。
なんてったって82歳です。

ファンの力でなんとか閉店を阻止したいものです。
息子を鍛え直せんものでしょうか?!

鎌倉の財産を守りたい!!
| 鎌倉の王子 | 2005/09/14 12:28 AM |
sdasad
dfs
sdffdsds
| asd | 2006/03/24 2:51 PM |
レビューをどう書こうがあなたの勝手ですが、店内撮影禁止と大きく書いてある店で、カウンターの客の写真まで掲載しているあなたの常識を疑います。
| 鎌倉市民 | 2015/01/04 5:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://komachi203.jugem.cc/trackback/94
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/30 12:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/30 12:29 AM |