CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
まちに森をつくって住む
まちに森をつくって住む (JUGEMレビュー »)
甲斐 徹郎, チームネット
「百の知恵双書」第8巻
住まいをつくる誰もが豊かな環境を得たいと思う。しかし、住まいをつくることによって、逆に地域の自然環境を破壊しているとしたら、それはなんという矛盾だろう。
これからのすまいづくりにおいて最も得な方法は何か。
それは地域の緑の価値を見直し、それを快適な「天然の空調装置」として住まいに活かすことである。
本書はこうした視点に立ち、個人の住まいづくりと街の環境づくりをつなげるビジョンと実践例を示し、本当の快適さを体感するための「エコロジー住宅市民学校」を誌上開講する。
RECOMMEND
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本 (JUGEMレビュー »)
伊藤 雅春, 大久手計画工房
「百の知恵双書」第5巻
まちづくりのファシリテーターとして全国を飛び回っている友人の伊藤雅春さんとその仲間に書いてもらいました。「参加するまちづくり」とは、まちのビジョンをそこで暮らす住民が共有し、地域のことは地域で決めるという自由で開かれたまちづくりのことです。コミュニケーション術を通して地域の人たちが地域の意志をつくり出していく方法と事例が満載です。
RECOMMEND
時が刻むかたち―樹木から集落まで
時が刻むかたち―樹木から集落まで (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第4巻
OMソーラーの開発者として知られる建築家奥村昭雄の世界を「大きなデザイン」というコンセプトで3巻の本でまとめることを構想していますが、その第1巻です。環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しいものですが、こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのでしょうか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌です。
RECOMMEND
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第7巻
奥村昭雄は家具の製作者でもありますが、自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために無垢材による家具作りという困難な方法にこだわります。本書では奥村が40年にわたり続けてきた家具づくりの研鑽のすべてを明らかにしています。第4巻と併読すると、奥村が樹という自然をどのように見ているかがわかります。
RECOMMEND
洋裁の時代―日本人の衣服革命
洋裁の時代―日本人の衣服革命 (JUGEMレビュー »)
小泉 和子
「百の知恵双書」第6巻
昭和20年代の暮らしを経験している人の中には家庭でミシンを踏んでいた母親の姿を記憶している人は多いでしょう。その時代にまさに日本人の洋装革命が静かに行われたのです。昭和のくらし博物館の小泉和子さんのグループはこの歴史に埋もれがちの「洋裁の時代」を丹念に検証し、この時代に女性たちがどのようにして洋服を自分のものにしていったかを明らかにしました。本が出ると、朝日新聞、毎日新聞が大きく書評欄で取り上げてくれましたが、改めて昭和の暮らしを検証することの関心の深さを感じました。
MOBILE
qrcode
<< 今年最後の双子山探鳥会 | main | チョウゲンボウとシロハラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
さらさらチャーハン


忙しいときは仕事場の冷蔵庫の中のあり合わせでチャーハンをつくる。べたべたチャーハンではなくて、さらさらチャーハンを。
いつぞやテレビの料理番組で、さらさらにするには鍋に敷いた脂をご飯にしみこませないように卵でコーティングするのだと言っていた。フーン、そうなんだ。ならば生卵をご飯にかけた生卵飯を最初につくってから鍋で炒めればいいはずだ。そう考えてやったら、案の定さらさらチャーハンができた。
本日の具は高菜とベーコン。お試しあれ。
| 美味しいもの | 19:11 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:11 | - | - |
コメント
やってみました。

なんだか飯と卵が均一になっていて(当然ですが)、チャーハンとは違う感じのもんでありました。
正統的な、卵を最初に投入、直ちに(何秒以内とかありましたね)温かい飯を投入.....というのがチャーハンと作り方とありましたが、やはりそれでありましょう。
| AKi | 2004/12/27 3:21 PM |
ちょっと邪道でしたかね。うまい方法と思ったのですが、そう言われると正当派チャーハンではないなあ。中華屋で黄金チャーハンというのを食べたことがあるけれど、あれはどうつくるのかな。
| manabe | 2004/12/27 8:54 PM |
たしかに最初に卵掛け御飯を作ってしまうと云うレシピもありますね。
僕はラーメン屋のカウンターに座ってチャーハンの作りかたを盗みましたから、チャーハンには自信があります。
やっぱり、熱した中華鍋で卵を一気に膨らませて、そこに御飯を投入、アオリながらよく混ぜ、具を投入、調味料で味を整える。
家庭用コンロで三人前以上作ると絶対失敗します。精々、二人前が限度ですね。具も長葱と焼き豚程度で水分を出すものは避ける。火力は強いほど良いが、なれないと焦げやすいので、混ぜるときは鍋を隣のゴトクに移動するなど、コンロから鍋を遠ざけて火力を調整した方が楽です。
| iGa | 2004/12/28 2:54 PM |
igaさんの言うとおりが正当派チャーハンだと思います。IGAさんはチャーハンがうまいんだ。あこがれますね。昔、いっしょに岩登りをしていた友だちがとてもチャーハンがうまくて、山から下りてくるとテントの焚き火でチャーハンを作ってくれた。あこがれました。僕はその味を思い出してチャーハンでちょっと遊んでみたのです。
| komachi | 2004/12/29 10:33 AM |
http://www.kd10-shoes.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy boost 350 v2
http://www.airmax90shoes.us.com/ vapormax
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora charms
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 3s
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy 750
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air max 97
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sandals
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade handbags
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp bag
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora necklace
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas yeezy
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 11 space jam
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 11 space jam
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike basketball shoes
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes wallets
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 1
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin sneakers
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora charms
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sandals
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop shoes
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon shoes
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ ultra boost
ドリフトliuyuzhen
| ultra boost | 2018/05/21 4:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://komachi203.jugem.cc/trackback/133
トラックバック