CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
まちに森をつくって住む
まちに森をつくって住む (JUGEMレビュー »)
甲斐 徹郎, チームネット
「百の知恵双書」第8巻
住まいをつくる誰もが豊かな環境を得たいと思う。しかし、住まいをつくることによって、逆に地域の自然環境を破壊しているとしたら、それはなんという矛盾だろう。
これからのすまいづくりにおいて最も得な方法は何か。
それは地域の緑の価値を見直し、それを快適な「天然の空調装置」として住まいに活かすことである。
本書はこうした視点に立ち、個人の住まいづくりと街の環境づくりをつなげるビジョンと実践例を示し、本当の快適さを体感するための「エコロジー住宅市民学校」を誌上開講する。
RECOMMEND
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本
参加するまちづくり―ワークショップがわかる本 (JUGEMレビュー »)
伊藤 雅春, 大久手計画工房
「百の知恵双書」第5巻
まちづくりのファシリテーターとして全国を飛び回っている友人の伊藤雅春さんとその仲間に書いてもらいました。「参加するまちづくり」とは、まちのビジョンをそこで暮らす住民が共有し、地域のことは地域で決めるという自由で開かれたまちづくりのことです。コミュニケーション術を通して地域の人たちが地域の意志をつくり出していく方法と事例が満載です。
RECOMMEND
時が刻むかたち―樹木から集落まで
時が刻むかたち―樹木から集落まで (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第4巻
OMソーラーの開発者として知られる建築家奥村昭雄の世界を「大きなデザイン」というコンセプトで3巻の本でまとめることを構想していますが、その第1巻です。環境と時間の繰り返しから生まれるかたちは、限りなく複雑で、かつ美しいものですが、こうしたかたちは自然のリズムのなかでどのようにしてつくられるのでしょうか。自然の力を建築に利用して快適さの質を追求してきた建築家による人と自然の博物誌です。
RECOMMEND
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち
樹から生まれる家具―人を支え、人が触れるかたち (JUGEMレビュー »)
奥村 昭雄
「百の知恵双書」第7巻
奥村昭雄は家具の製作者でもありますが、自然の木の良さと美しさを最大限に引き出すために無垢材による家具作りという困難な方法にこだわります。本書では奥村が40年にわたり続けてきた家具づくりの研鑽のすべてを明らかにしています。第4巻と併読すると、奥村が樹という自然をどのように見ているかがわかります。
RECOMMEND
洋裁の時代―日本人の衣服革命
洋裁の時代―日本人の衣服革命 (JUGEMレビュー »)
小泉 和子
「百の知恵双書」第6巻
昭和20年代の暮らしを経験している人の中には家庭でミシンを踏んでいた母親の姿を記憶している人は多いでしょう。その時代にまさに日本人の洋装革命が静かに行われたのです。昭和のくらし博物館の小泉和子さんのグループはこの歴史に埋もれがちの「洋裁の時代」を丹念に検証し、この時代に女性たちがどのようにして洋服を自分のものにしていったかを明らかにしました。本が出ると、朝日新聞、毎日新聞が大きく書評欄で取り上げてくれましたが、改めて昭和の暮らしを検証することの関心の深さを感じました。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
伐られたサギの成る木


14日の探鳥会で鎌倉八幡宮の「サギのなる木」が伐られたと聞かされて
見に行った。酷いものである。櫻の大木がばっさり。いったい何のために。
サギはコロニーをつくって雛を育てる。
コロニーは、人の手の届かない水辺の大木の上につくられる。
八幡宮の池の櫻はサギたちにとって繁殖の格好の場所であった。
このコロニーではコサギとゴイサギを百羽以上観察することができた。
来春のサギの繁殖が心配である。
満開の櫻に白サギが舞う姿をもう見ることができない。
| 無くした物 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
風鈴
音は古い記憶を呼び起こす。
道路に人影も疎らな真夏の昼下がり。
目もくらむアスファルトの照り返しと自分の黒い陰。
近くの家の軒先の風鈴の音に、朦朧としていた意識が冷水を浴びたようにはっきりする。
そんな光景の記憶がある。
住居や環境の本を取りだして音に関する部分をみても騒音と遮音のことばかり。
季節の音を楽しむことなど住まうこととは関係がないかのようだ。
風鈴の音色を他人に騒音と言われてはたまらん。
                        (SOLAR CAT no.7)


軒先に吊された風鈴の音も、夏の間、家の開口部が開け放たれていたから意味があった。
| 無くした物 | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
蚊帳
朝、半ば吊り具のはずされた蚊帳のなかに滑り込み
緑の迷路のなかで一人遊んだことを思い出す。
静かに身体を横たえていると
蚊帳は風をはらんでゆったりと生き物のように深呼吸する。
「まるで大きな水族館の水槽の底に
人が沈んでいるようだ」と
B.ルドフスキーは書いている。
至福な風を感じるのはそんな時だ。


今から10年前、私はこんなことを書いていた。(SOLAR CAT no.14)
そうだ、あの時はまだ蚊帳を吊り、ガラス戸を開け放して寝ていたのだ。
習慣は怖い。ついこの間の心地よさをすでに忘れかけている。
| 無くした物 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |